生理頭痛はなぜ起きるのか?

画像の説明

生理痛はなぜ起きる?


生理痛は基本的に子宮・卵巣にストレス系の緊張が入って起きます。

ストレス系の緊張は一度入ると取れにくく生涯抱えている場合があります。

ストレス系の緊張を抱えた子宮・卵巣は色々な不調を起こします。


&show(): File not found: "DE025_L.jpg" at page "QBlog-20150203-1";

ストレスは様々 


低気圧が近づくと頭痛の人は、気圧の変化というストレスで起きています。

季節の変わり目で不調の人は、寒暖の差・湿度の変化というストレスが原因です。

この様に、自分では気づかない所でストレスは溜まっている事があります。




痛みのラインが出来る 


子宮卵巣の緊張の蓄積が限界を越えると、体の中に痛みのラインが出来てきます。

子宮卵巣を中心として頭頂~足先~手先まで続く炎症を起こしたラインです。

痛みのライン上には、慢性的な様々な痛みこりが起きてきます。


画像の説明

生理の時


生理時には、子宮卵巣は活性化されますので唯でさえ緊張が高まります。

その為に痛みのラインを抱えた子宮卵巣は一気にラインの緊張が高まり

ライン上に頭痛・肩こり・倦怠感・イライラ・腰痛などが起きてきます。


&show(): File not found: "h17.jpg" at page "QBlog-20150203-1";

緊張を取り除く 


生理頭痛を改善するには、ストレス系の緊張を取り除く事です。

当院では、痛みのラインを通してストレス系の緊張を取り除いて行きます。

平均5回ぐらいで、生理痛頭痛に大きな改善感が出てきます。




画像の説明