眼の奥の頭痛はなぜ起きる?

画像の説明

病因があれば 


眼の痛みは、つかまれた様な・引張られた様な・えぐる様な痛みなど様々です。

病因として緑内障・副鼻腔炎・脳腫瘍・動脈瘤などがあるので精密検査が必要です。

検査の結果で病因が見つかれば、医療機関で治療を受ける必要があります。

画像の説明

目には原因なし


精密検査で異常が見つからない場合は、目・脳・鼻には原因が無い事になります。

その場合、目の奥の痛みは全く違う原因で起きています。

全く違う原因、それが痛みのラインです。




痛みのライン


眼の奥の痛みを起こす、痛みのラインが体の中にあります。

痛みのラインは、頭頂~足先~手先まで続いています。

目の奥痛は、ラインが目の視神経を強く牽引した時に起きます。


画像の説明

ラインはなぜ出来る?


目の頭痛を出すラインは複数あります。

痛みのラインは、胃・肝臓の消化器官の疲労が大きくなった場合と

腹部のストレス系の緊張の2つの要因で出来てきます。


画像の説明

ラインの緊張を取る


痛みのラインの疲労・緊張を取り除くと、眼の奥の痛みはその場で治まります。

目の奥痛は、消化器官の疲労と腹部の緊張を取り除きますと根本的に治まります。



平均5回で大きく改善して大半の方は元に戻りません。


画像の説明