【群発改善日記】目奥の激痛が60%に減った 京都府与謝郡

画像の説明

診断の下りない群発頭痛



京都府与謝郡の45歳の男性Mさん、中学1年から群発頭痛に悩まされています。

周期は1~2年、群発期は1~2週間1日おきに左目に激痛がやってきます。

朝3時ごろから7~8時間痛みが続き薬が効きません。

病院では群発頭痛という診断が下りず、専用薬が処方されず市販薬にたよっています。

しかし、市販薬はほとんど効かずひたすら痛みを我慢されている状態です。


体にアプローチ



来院時は群発期で1日おきに激痛がやって来て毎朝7時間我慢されています。

左目に痛みを出している「群発頭痛のライン」を確認します。

ラインに触ると強い痛みがあり、Mさんも認識頂きました。

ラインの緊張をしっかり取り除いて初回終了です。

遠方ですので1日2回の集中受診を受けられました。

初回は痛みなしでしたので、これで様子見です。


その後の改善



2週間後に2回目の受診をされました。

初診以来痛みの強さが60%ほどになり市販薬が効くようになっています。

頭痛の頻度が、受診前1日おきだったのが1週間に1度に減っています。

これで群発期が終わりそうですので、また次回の群発期にお越し下さいとしました。


1年後の群発期



1年後に群発期が始まり来院頂きました。

前回の群発期よりも痛みの強さが50%ぐらいになったそうです。

市販薬のイブが効くようになっています。

この様に受診を重ねると群発頭痛は着実に痛み頻度が減って行きます。

Mさん、目の奥の痛みが治まるまで根気よくお越し下さい。

やがて目の奥の激痛が来なくなります。


受診の感想



前回群発期の受診3回目の時に感想を頂きました。


群発頭痛 改善の声 京都府与謝郡 45歳男性



群発頭痛専門整体院
平安コンディショニング

〈京都府与謝野郡からの来院経路〉
京都丹後鉄道宮豊線 与謝野駅・天橋立・宮津・福知山駅(51分)
JR山陰本線 福知山駅・綾部・亀岡・二条駅(17分)
京都地下鉄東西線 二条駅・京都市役所前駅
下車徒歩(3分)




16-1-11