画像の説明

10年前から群発頭痛


奈良の34歳男性Mさん、社会人になって4年目に群発頭痛が発症しました。

右の首筋→耳の下→奥歯→こめかみ→鼻の奥と痛みが上がってきて

最後に右目奥にえぐられる様な激痛が起きます。

周期は1~2年で、群発期は1ヶ月、毎日激痛が起き薬が効きません。

頭痛時はひたすら耐えるしかなく、仕事にも支障が出ています。


体にアプローチ



右目に激痛を起こす「群発頭痛のライン」を確認します。

ラインは触ると強い痛みがあり、Mさんにも認識して頂けました。

ラインの緊張を繰り返し取り除いて行きます。

やがてラインの緊張が取り切れましたので確認です。

Mさん「目の激痛がだいぶとましになりました。」

激しく痛みが出ていますたので何とかましになった所で初回終了です。


2013年の群発期


初回の群発期は5回受診頂いて群発頭痛がほぼ収束しました。

Mさん「この時期はまだピークで、激痛に苦しんでいるのに…助かりました。」

これで次回の群発期を待ちます。


2014年の群発期


次の群発期、やはり右目に痛みが出て来て2回受診をされました。

その後は、眼の奥は出なくなり顔面神経痛が3ヶ月続いてそうです。

我慢できる程度の痛みなのでその後の受診はありませんでした。

この段階でもう少し受診されると次々回がさらに楽になるのですが。


2015年の群発期


2013年に戻った様な強烈な頭痛が来て驚かれて受診されました。

集中受診で合計9回受けられて軽い頭痛を感じる程度になりました。

Mさん「今までの群発期で一番楽です!少し軽い頭痛がポツンと一点感じる程度になりました。」

これだけしっかり受診されると次回群発期は大幅に軽減します。


ドカンと出た理由



2015年の群発期にドカンと強く出た理由があります。

前年の1年間はMさん仕事のストレスが大きくありました。

群発頭痛は疲労を溜め込んで一気に吹き出す頭痛ですので

この1年間のストレスが上乗せになって強く頭痛が出た様です。

群発期がある限りはこの様な状況も起きかねません。


群発期を無くす



群発期がある限り、疲労を溜めて込んで一気に頭痛として放出してしまいます。

群発期を無くせば、溜め込まないので激痛は出なくなります。

散発的な普通の頭痛に移行していく方もあります。

Mさんも、まもなく群発期が希薄になって行くでしょう。

期待感を持って次回の群発期を診て行きます。


受診の感想(最初の受診2013年に頂きました。)



画像の説明








13-03-14 群発頭痛治療 頭痛外来 奈良市