片頭痛が流産後から発症37歳女性

画像の説明

片頭痛が頻発

大阪府枚方市の37歳女性。1年前の流産後から片頭痛が発症しました。

頻繁に片頭痛が起き、肩首が一日中重い状態になります。

病院でのMRI異常なし、処方のロキソニンはあまり効果なし。

週1ペースで3回の施術で頭痛は治まりました。

肩首のこりは50%に軽減しています。

肩首のこりをもう少し軽減させると頭痛が再発し難くなるでしょう。


片頭痛はなぜ起きた

病院の検査で異常なければ、頭痛は自律神経の緊張が原因で起きています。

この方の場合は骨盤内の強い緊張が頭痛に大きく関与していました。

流産という刺激で一気に緊張が高まり頭痛に至ったと思われます。

骨盤内の緊張を取る事で、片頭痛・肩首のこりが軽減して行きました。


片頭痛の対処法

片頭痛 肩首のこりは体内の強い緊張が原因で起きて来ます。

緊張の原因場所を探して適確に対処する事が大切です。

当整体院は原因場所を検査法で特定して、ピンポイントに緊張を取り除く療法です。

お悩みの方は「頭痛改善専科」をご覧下さい。

マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸の治療ではありません。頭痛に特化した独自療法です。



片頭痛で宇治市・木津川市からも来訪頂いております。