群発頭痛の診断基準

頭痛学会のデータを元に一般的な病院での診断基準を記載しております。 

群発頭痛は目の奥・周囲~前頭部、側頭部にかけての激しい頭痛が数週間から数ヵ月の期間群発することが特徴です。夜間、睡眠中に頭痛発作がおこりやすく、頭痛発作時に眼の充血や流涙、鼻汁や鼻閉、縮瞳と眼瞼下垂などの症状を伴うことが多いことも特徴です。また、頭痛発作中は落ち着かず興奮したような状態になる方が多く見受けられます。

群発頭痛の診断基準(国際頭痛分類第2版)

A. B~D を満たす発作が5 回以上ある

B. 未治療で一側性の重度~極めて重度の頭痛が、眼窩部、眼窩上部または側頭部のいずれか1 つ以上の部位

   に、15~180 分間持続する

C. 頭痛と同側に少なくとも以下の1 項目を伴う
1.結膜充血または流涙(あるいはその両方)
2.鼻閉または鼻漏(あるいはその両方)
3.眼瞼浮腫
4.前頭部および顔面の発汗
5.縮瞳または眼瞼下垂(あるいはその両方)
6.落ち着きがない、あるいは興奮した様子

D. 発作頻度は1 回/2 日~8 回/日である

E. その他の疾患によらない

群発頭痛の男女比 

群発頭痛は20~30才代に多く約85%は男性とされていましたが、最近の女性の群発頭痛の割合が増加傾向にあります。

群発頭痛と治療

頭痛発作時の治療としては酸素吸入(マスクで純酸素7~10L/分、15分間)、スマトリプタンの皮下注射が効果的です。群発頭痛の発作に通常の鎮痛薬は無効です。酒石酸エルゴタミンも頭痛発作が起こってから使用してもほとんど効果がありません。

群発頭痛と予防薬

群発期には予防療法が必須です。頭痛発作はほとんど毎日繰り返し起こり、1回の頭痛発作は比較的短時間であるため、頓挫薬のみでは十分な治療が困難だからです。
予防療法には高用量のベラパミルが最もよく使用され、国際的な標準薬です。バルプロ酸もよく使用されます。慢性群発頭痛には炭酸リチウムも有効とされています。