低気圧頭痛・梅雨頭痛・雨の日頭痛

低気圧頭痛

頭痛の特徴

低気圧が近づく時、雨の日、梅雨時期になると起きやすくなる頭痛です。

総称して気圧変調性頭痛と呼ばれています。

頭痛はなぜ起きる?

病院の検査で異常がなければ、その頭痛は脳には原因がありません。

体のあちこちに出来た神経の緊張を脳で感じている症状です。

(体の神経とは、自律神経・中枢神経・末梢神経のことです。)

片頭痛,原因,治療

頭痛の原因場所

「気圧変調性頭痛」の場合は

体のあちこちに出来た自律神経の緊張が原因です。

ただ緊張のある原因部分に痛みを感じることはありません。

低気圧頭痛,大阪,東京,名古屋,福岡,横浜

頭痛の改善方法

原因部分は広範囲ですので検査法で詳細に特定して行きます。

当整体院は特定した体内の「神経の緊張を取り除く療法」です。

体に全く負荷をかけない無痛の整体です。

どんな療法?

早期改善と改善持続

頭痛は「施術平均5~6回」で日常生活に支障が出ない程度に落ち着きます。

軽減後は大半の方が元の様な辛さには戻る事なく「改善維持が可能」です。

遠方の方は少ない来訪で改善出来る「集中施術」もございます。

集中施術について

梅雨頭痛改善 喜びの声

 大阪市の38歳女性

画像の説明

Topに戻る 料金・予約・地図 初めての方へ

独自の考え方

上記の内容は医学的・科学的根拠はありません。多くの症例経験から得られた独自の考え方です。

当整体院は病院の検査で脳に異常がない頭痛を対象としています。